資産運用

【FP解説】月1万円の配当金に必要な資産運用額は?2,3万と増やすには?

 

こんにちは、FPブロガーのムツヲです。

 

友人
友人
毎月1万円の配当金がもらえたらいいな!
もし高配当株投資を始めるとしたらまず目指すのは月1万円の配当金かな?

こんな思いの方もいらっしゃると思います。

毎月1万円は年間で12万円の配当金になり、新たな収入源ができるようになります。

配当金で毎月1万円の不労所得を得られるのは魅力的ですよね。

今回の記事では月1万円の配当金に必要な資産運用額について解説します。

✓本記事の内容

・配当金の魅力3つ
・月1万円の配当金をもらう方法
・月2万、3万と増やしていくには

ムツヲ
ムツヲ
本記事を読むと、月1万の配当金に必要な資産額からそれを2万、3万と増やしていく方法までがわかります。

是非最後までお読みください。

配当金の魅力3つ


配当金に興味がある方はそれぞれ配当金のどこかしらに魅力を感じていると思います。

ムツヲ
ムツヲ
ここでは私が考える配当金の魅力について整理します。
配当金の3つの魅力

①キャッシュフローが安定する

②株価の上下に気をとられない

③資産運用を実感できる

①キャッシュフローが安定する

配当金は増減はあるものの、半年に1回や3ヶ月に1回など定期的に受け取ることができます。

不労所得が定期的に受け取ることができるため、キャッシュフローが安定します。

②株価の上下に気をとられない

配当金目当ての場合、短期的な株価の上下に気を取られずに運用をすることができます。

高配当投資の場合、重要なのは1株あたり何円の配当金がもらえるかです。(=配当利回り

そのため、比較的落ち着いて資産運用をすることができます。

③資産運用を実感できる

配当金は「資産運用してる」という実感を得やすく、モチベーションを維持しやすいです。

配当金が自動的に再投資されるインデックス投資では、含み益は増えるけれど生活はあまり変化しないというジレンマがあります。

その点、配当金を受け取ると「それで携帯料金が払えるようになった」、「光熱費が払えるようになった」など日々の生活が良くなっていくことを実感することができます。

ムツヲ
ムツヲ
私自身も初めて配当金を受け取った時(数百円ですが)は、資産運用している実感がわきました!
【FP解説】高配当ETFは米国一択!米国高配当ETFおすすめ銘柄4選! こんにちは、FPブロガーのムツヲです。 積立NISAなどでインデックス投資を始めると、他にも「高配当株投資」という...
【どっち派?】インデックス投資と高配当投資はどちらにすべき?両方はあり? こんにちは、FPブロガーのムツヲです。 最近投資を始めた方や投資を始めようと考えている方で、インデックス投...

月1万円の配当金をもらう方法


高配当株投資を始めるうえでまず月1万円の配当金を目指す方は多くいらっしゃると思います。

そこで、毎月1万円の配当金を受け取るにはどれくらいの資産が必要でどんな銘柄に投資すればいいのかについて解説します。

ムツヲ
ムツヲ
以下の考え方を使えば月1万円以上の場合でも計算できるようになりますよ!

月1万円に必要な資産運用額

月1万円の配当金に必要な運用資金を求めるには、「運用資金」「配当利回り」の2点が重要です。

まず、配当金の額は企業によって異なります。

株価100円の企業が1株あたり1円の配当金を支払う場合、、、
1÷100=0.01(1%)
配当利回りが1%(1株100円の1%にあたる1円の配当金が受け取れる)

つまり、100円の運用額で年間1円の配当金を受け取ることになります。

この企業の株で月1万円=年間12万円の配当金を受け取るには、12万×100=1200万円を保有する必要があります。

つまり、配当利回り1%だと目標である年間12万円の100倍の運用資金が必要になります。

以下の表のように、配当利回りが高くなるとその分必要な運用資金が減っていきます。

配当利回り 1% 2% 3% 4% 5%
運用額 1200万 600万 400万 300万 240万

月1万円、年間12万円の配当金を受け取るには大きな金額が必要なことがわかります。

・ただし、配当利回りの高さはリスクの裏返しということもありますので、高配当というだけで投資するのは危険です。

・世の中には高配当をうたって高い手数料をとったり、投資元本を削って配当金を支払うなどいわゆるぼったくり商品が多いので注意が必要です。

ムツヲ
ムツヲ
次で世界的に認められているおすすめの投資先について解説します。

おすすめは高配当ETF

では、月1万円の配当金を受け取るためには何に投資すればよいのか。

結論から申し上げますと、私は米国の高配当ETFをおすすめします。

ムツヲ
ムツヲ
米国高配当ETFとは、高配当な米国企業の株を集めたETF(上場投資信託)のことです。

米国高配当ETFがおすすめな理由は以下の3つです。

米国高配当ETFがおすすめな3つの理由

その①純資産額の大きさ
その②少額から投資できる
その③運用コストの小ささ

つまり世界中の人が投資していて、誰でも買うことができて、手数料が極安の商品ということです。

詳しくは以下の記事を読んでいただけると、私がおすすめする理由をお分かりいただけると思います。

【FP解説】高配当ETFは米国一択!米国高配当ETFおすすめ銘柄4選! こんにちは、FPブロガーのムツヲです。 積立NISAなどでインデックス投資を始めると、他にも「高配当株投資」という...

証券会社はSBI証券と楽天証券がおすすめです。


月2万、3万と増やしていくには

ムツヲ
ムツヲ
月1万円の配当金をクリアすると、月2万、3万と増やしていきたいですよね。

ここでは、配当金を増やしていくにはどうすればいいのかについて解説します。

配当金を増やす方法3つ

①高配当株の保有数を増やす

資金に余裕のある方は運用資金を増やすことで受け取る配当金を増やすことができます。

特に、暴落局面(リーマンショックやコロナショック)など高配当株やETFの株価が下がったときに追加で購入すると、高利回りの状態で買うことができるのでおすすめです。

②受け取った配当金を再投資する

配当金は日々の生活にゆとりをもたらしてくれるものでもありますが、受け取った配当金を再投資することで将来的な配当金を増やすことができます。

例えば、月1万円、年間12万円の配当金を再投資すると来年は+12万円分の配当金を受け取ることができます。

それが、2年後3年後となっていくとどんどん受け取れる配当金が増えていきます。

ムツヲ
ムツヲ
ただ個人的には、配当金を自分で再投資するなら自動的に再投資してくれる投資信託を購入したほうが税金もかからないのでいいなと思います。

③連続して増配している企業の株式を持つ

連続増配企業の株を持っておくことも配当金を増やす方法の1つです。

連続増配しているということは業績も順調な企業が多く、増配だけでなく値上がり益も期待することができます。

ただし、現状高配当ではない企業が多いため長期的に配当金を増やしていきたい方向けの方法とも言えます。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

配当金には様々な魅力がありますが、月1万円の配当金を受け取るにも大きな運用資金が必要になります。

また、配当金は急激に増えることはありませんから、長期的にコツコツ増やしていく方に向いているとも言えます。

この記事を読んで配当金に興味を持ち、実際に運用を始める方が1人でも増えると嬉しいです。

証券会社はSBI証券と楽天証券がおすすめです。

【どっち派?】インデックス投資と高配当投資はどちらにすべき?両方はあり? こんにちは、FPブロガーのムツヲです。 最近投資を始めた方や投資を始めようと考えている方で、インデックス投...
ABOUT ME
ムツヲ
■20代前半会社員 ■AFP(日本FP協会認定会員)  2級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務) ■2021年3月から~「賢く生きる」お金の知識~をテーマに資産形成にまつわる内容をブログやSNSで発信 ■主に資産運用・節約・節税・保険などの記事を更新
PVアクセスランキング にほんブログ村