資産運用

【FP解説】主な投資対象と初心者におすすめの投資法はこれ!

そもそもどんな投資方法があるかわからない。初心者におすすめの投資って何だろう。いざ始めるとしても投資の始め方がわからない、、、

本記事ではこういった疑問に答えます。

✓本記事の内容
主な5つの投資対象とその特徴
初心者におすすめの投資とは
投資を始めるにはまず証券口座を開設する

主な投資対象5つとその特徴

    ・その①:株式
    ・その②:債権
    ・その③:不動産
    ・その④:コモディティ
    ・その⑤:仮想通貨

その①:株式

・株式とは?
→株式会社が発行する株主の権利を表したもの

・特徴
→企業の業績に連動して価格の変動がある
→配当金をもらえることもある

その②:債権

・債権とは?
→国・地方公共団体・民間企業などが資金を借り入れる代わりに発行する「借用証書」

・特徴
→確定した利息を確保できる
→満期で償還される

その③:不動産

・不動産とは?
→住居やオフィスなどの建物をさす

・特徴
→地価の変動によって価格の変動がある
→建物の価値は時間とともに下がっていく

その④:コモディティ

・コモディティとは?
→金や銀などの貴金属や原油などのエネルギー、穀物などの商品のこと

・特徴
→特に貴金属などは埋蔵量が限られており、価格が下がりにくい
→物価の上昇とともに価格が上昇するためインフレに強い

その⑤:仮想通貨

・仮想通貨とは?
→ビットコインなどのブロックチェーンの技術を用いたデジタル通貨のこと

・特徴
→価格の変動が非常に激しい
→埋蔵量が限られている(ビットコインは2100万枚)

初心者におすすめの投資はこれです


5つの投資対象を紹介しましたが、その中で初心者におすすめの投資対象は①と②の株式と債券です。

中でも初心者におすすめの投資方法は投資信託です。

まず投資信託とは、、、

個人からお金を集め、様々な投資対象にプロが代わりに運用してくれる商品のことを指します。

投資対象は先ほど紹介した株式や債券など様々なものがあります。

言うなれば、株式や債権の詰め合わせパックです。

例えば「eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)」という投資信託は、みなさんご存じの「トヨタ」やユニクロを手がける「ファーストリテイリング」などの日本の代表的な企業225社に投資することができます。

投資信託のメリットは主に2つあります。
・100円単位の少額から始められる点
・また集めたお金で様々な対象に投資するため、リスクを分散できる点

この2点の理由から、大学生かつ初心者が投資を始める際は投資信託が最もおすすめの投資方法です。

投資を始めるには証券口座を開設するところから


ここまで読んだ方は、「よし投資初めて見ようかな」と思ったのではないでしょうか。

しかし投資を始めるにはまず証券口座を開設する必要があります。

基本的には証券口座に入金し、証券会社を通じて投資商品を購入します。

日本には、
・対面型証券会社(野村証券、大和証券など)
・銀行の窓口(三菱UFJ銀行、三井住友銀行など)
・ネット証券会社(SBI証券、楽天証券など)

など様々な購入方法があります。

さてどこで証券口座を開設すればいいのかというと、、、

それは『ネット証券』一択です。

理由は、手数料が圧倒的に安いからです。

対面型や銀行の窓口では人間を介して投資信託などを購入するため、その人の人件費分が手数料として皆さんの口座からとられてしまいます。

対してネット証券は人を介さないため、断然安い手数料で取引をすることができるため、圧倒的にこちらがおすすめです。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を読んで「よし投資初めてみよう」という方が1人でも増えるとうれしいです。

私がおすすめしたネット証券の口座開設はこちらのリンクから出来ます。

SBI証券
[affi id=2]
楽天証券
楽天証券

思い立ったが吉日です!!
ぜひこのタイミングで投資家デビューしてみませんか??

ABOUT ME
ムツヲ
■20代前半会社員 ■AFP(日本FP協会認定会員)  2級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務) ■2021年3月から~「賢く生きる」お金の知識~をテーマに資産形成にまつわる内容をブログやSNSで発信 ■主に資産運用・節約・節税・保険などの記事を更新
PVアクセスランキング にほんブログ村