資産運用

【FP解説】投資は少額でも始められる?意味ある?ズバリ答えます!

「投資や資産運用に興味はあるけど、まとまった資金がない、、、」
「何から始めていいかわからない、、、」

投資に興味はあるけれど、なかなか始められないという方も多いのではないでしょうか。

実は、投資は100円からでも始めることができます。また最近では、手軽に投資ができる環境が整っているため、初心者の方でも安心して投資を始めることができます。

最後まで読み終わると、投資を始める不安が減り、少額投資に対して前向きに考えられるようになっていると思います。

✓本記事の内容
・投資は少額から始められる
・初心者におすすめの投資の始め方
・少額から投資する意味はあるのか

投資は少額から始められる


「投資はいくらから始められるの?」と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

結論から申し上げますと、、、
投資は100円から行うことができます。

では、100円から始められる投資法は何かと言うと、

それは投資信託です。

投資信託については以下の記事で詳しく解説しています。

✎合わせて読みたい

また個別の株式に投資する場合も、数百円から投資することができます。

株式には「単元」という最低購入単位があり、日本の株式は一般的に1単元100株となっています。

つまり、株価1,000円の企業で1単元購入するには、
1,000円×100株=100,000円が必要になります。

しかし最近では単元未満株という1株から購入できる仕組みがあり、1単元100株と決まっていても、1株から購入できます。

そのため、株価が500円だった場合は、500円から投資が可能になります。

このように、投資は100円~数百円という少額から始めることができるため、決してお金持ちだけが行うことではありません。

資金がない方や少額から始めたい方など様々な方に門戸が開いているといえます。

初心者におすすめの投資の始め方


「投資は少額から始められるのはわかったけど、何から始めればいいの??」

という方も多いのではないでしょうか。

私が初心者の方におすすめする投資の始め方は、「投資信託」です。

こちらの記事でも解説しています。

✎合わせて読みたい

投資信託が初心者におすすめな理由

その①100円から投資できる


上記でも紹介したように投資信託は、100円から購入することができます。

投資にはリターンが狙える分、リスクがつきものです。

初めて投資を行う方が不安になるのは、やはり損してしまうことです。

その点投資信託は100円という少額から投資を始められるため、万が一マイナスになってしまったとしても、リスクを少額に抑えることができます。

最初は少額から始めて、価格変動など「投資」というものに慣れてきたら、投資額を大きくしていくのがおすすめです。

また少額から始められるのにはもう1つの利点があります。

それは、資金のない方でも投資をできるところです。

極端に言えば、口座さえ持っていれば小さい子でも投資ができます。

現在投資資金が確保できない方は、月1,000円からでも投資を初めてみてほしいです。

その②簡単に分散投資できる


投資信託はファンドによって数十社~数千社に投資をすることができます。

個別の株式に投資する場合は、分散して投資するにはその分株式を購入する必要があります。

投資信託は100円から購入できますが、この100円で数十社~数千社に投資したことになります。

「分散」する利点は、リスクを抑えながら投資をできるところです。

仮に、10,000円を1社に全て投資していた場合、その1社の株価が50%下がったら、資産全体が50%下がってしまいます。(10,000円→5,000円)
対して、10,000円を10社に分散して投資した場合、その内1社の株価が50%下がったとしても、資産全体では5%の減少にとどまります。(10,000円→9,500円)

これが分散の力です。

この分散が数千社に及ぶとさらにリスクを抑えることができます。

このように手軽に分散投資ができるのが投資信託の利点です。

✎合わせて読みたい

少額から投資する意味はあるのか


少額からの投資を考えている方は、「少額から投資する意味はあるの?」と思う方もいらっしゃると思います。

また、「投資はまとまったお金がないと意味がない」という話を聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

以下では少額投資のメリット・デメリットを解説したうえで、少額投資の意義について解説したいと思います。

少額投資のデメリット

その①リターンが少ない


「少額投資は意味がない」という意見の一番の理由でもありますが、投資金額が小さいと大きいリターンは期待できません。

通常の投資で期待できるリターンは年率3~7%くらいです。(投機的な投資をすればまた話は変わりますが、これはまったくお勧めしません。)

例えば、1億円を年率5%で運用した場合、利益は1億円の5%で500万円になります。
    100万円を年率5%で運用した場合、利益は5万円になります。
    1万円を年率5%で運用した場合、利益は500円になります。

このように1億円くらい大きい額を投資すれば利益も500万円と大きくなりますが、1万円を投資しても500円の利益しか出ません。

つまり、ある程度のお金がないと大きなリターンは得られません。

その②自己投資の機会損失になる


若い人は特にそうですが、自分にお金を使い自己研鑽することで昇進や事業立ち上げなどで収入のアップにつながる場合があります。

つまり、投資にお金を回すより、自分に投資する方が将来大きなリターンを得られるかもしれないということです。

例えば、月1万円を投資に回さず、本を買う・資格取得などにお金を使うことで稼ぐ力をつけられるかもしれません。

このように投資にお金を回すことで自己成長の機会を失うとも考えることができます。

少額投資のメリット

その①投資は早く始めたほうが有利


この先10年、20年と長期的に投資をしていく場合、投資は一日でも早く始めたほうが有利です。

なぜなら歴史的に株価は世界経済の成長とともに右肩上がりになっており、早く始めるほどその恩恵を受けることができるからです。

さらに、投資には複利効果があり、運用で得た収益や利息を再投資することで利息が利息を生んで資産が増えていきます。

これらは、投資金額にかかわらず得られるものであり、早く投資を始めるほど効果が大きくなります。

少額だからといって投資を先延ばしにすると、これらのメリットを捨てることになります。

そのため、少額でも投資を始めることをおすすめします。

その②リスクを抑えて投資ができる


投資信託をおすすめする理由でも解説しましたが、少額投資ではリスクを抑えて投資をすることができます。

投資にはリスクがつきものです。

どんなに優良な企業の株式や投資信託でも、暴落する場合もあります。

この点少額投資であればダメージを少なくすることができます。

また、少額投資で利益・損といった価格変動を経験しておくことで、将来的に大きな金額を投資する際にその経験を活かすことができます。

逆に、初心者がいきなり大きな金額を投資して、大きな損を出してしまうと取り返しのつかない事にもなりかねません。

そのため、少額から投資をスタートするのはリスクを抑えつつ経験を積めるため、非常におすすめです。

その③価値観が変わる


私も強く感じましたが、投資を始めると様々な気づきや価値観の変化があります。

例えば、投資している企業のニュースが気になったり調べたりするうちに、経済について詳しくなるようになります。
また、「これは本当にお金を使う価値があるのか?」といったモノの価値を考えるようになり、投資と消費と浪費の区別がつけられるようになります。

そしてこのような投資家の価値観を持つと、自分の本当に大切なコトにお金と時間を使えるようになります。

ここまで少額投資のメリット・デメリットを解説しました。

結論として、「少額投資は意味がある」と考えています。

確かに少額投資ではお金はあまり増えませんが、投資の足がかり・経験・学び・価値観の変化など様々なメリットがあります。

少額投資でもいいの?と思っている方は今すぐ始めましょう。

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

投資に興味はあるけど、始められていない方は是非少額から投資をしてみましょう。

何事にも言えますが、実際にやってみないとわからないことはあります。

是非この機会に投資家デビューしてみませんか??

↓証券会社のリンクはこちらに貼っておきます。

SBI証券
[affi id=2]
楽天証券
楽天証券
マネックス証券
[affi id=3]

ABOUT ME
ムツヲ
■20代前半会社員 ■AFP(日本FP協会認定会員)  2級ファイナンシャル・プランニング技能士(資産設計提案業務) ■2021年3月から~「賢く生きる」お金の知識~をテーマに資産形成にまつわる内容をブログやSNSで発信 ■主に資産運用・節約・節税・保険などの記事を更新
PVアクセスランキング にほんブログ村